So-net無料ブログ作成

映画『誰が為に鐘は鳴る』 [▽▲▽映画・ドラマ▲▽▲]


誰が為に鐘は鳴る ワールドプレミア上映版 [DVD]

誰が為に鐘は鳴る ワールドプレミア上映版 [DVD]

  • 出版社/メーカー: ジェネオン・ユニバーサル
  • メディア: DVD


総合評価:★★★★☆
イングリット・バーグマン美しすぎる!!
短髪のショートカットで、ずっとジーンズ姿で
着飾ったりしてない映画なのに、あまりのキレイさにドン引き!

A.ヘミングウェイ原作のラブストーリーって事で
とっくにパブリックドメインになっているんで、
廉価版が出ているんですが、ワールドプレミア版って事で
放映時よりも30分くらい長いみたい。
ゲイリー・クーパー42歳 イングリット・バーグマン28歳
ゲイリー・クーパーって、めっちゃハンサムだったのね…
端正すぎる!!!「風と共に去りぬ」のレッド・バトラー役
オファーされてたと聞くと、
え~~ゲイリークーパーの方が良かった!
だって身長190㎝もあんだよ?見ごたえあるよ~!!

でもまぁ…クラーク・ゲーブルの方が下衆いから
レッド・バトラーには合うんだけどね(;'∀')
まったく子煩悩に見えないし誠実さとか感じないから
これはこれで合うんだけどね(*´艸`*)

しかし、ホントこの頃の映画はハッピーエンドが少ない。
最後に幸せになれない所に悲哀があっていいんだよね。
そして、本当に短い時間を共有して急激に惹かれあうからこそ
そこに純愛だったり、穢れがナイ感じがあっていいのよね…

有名なキスのシーンだけは知ってたので、こういうハナシだとは
思わなかったんだけど、イングリット・バーグマン演じるマリアが
キスの時に鼻が邪魔でできないんじゃないかと心配しているシーン
そっか・・・こうやって生まれたシーンだったのね。
あまりにもきゅんきゅんなシーンなので、独り歩きして
先行したイメージがあったんだけど、マリアにとって
初恋に近いであろう、ロベルトとの出会いとキス…

『オリエント急行殺人事件』の時には地味な役だったけど
この時は輝くばかりの笑顔と恋する瞳の演技が、
かわゆいので、始終イングリット・バーグマンの
笑顔にくぎ付けです(≧▽≦)なんてかわいいの~?
古き良き時代の名作はやはり見ておくものだな~と思って
最近古い作品ばっかり観ていますが、今の時代とは違った
情緒性があって、女性がとっても純情でカワユイ描き方されてて
気品のある作品が多いので、映画って時代によって
いろいろなモノが反映されるものではあるんだけど
これはこれでいいんだよね~♪



共通テーマ:映画

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。